「言葉遊び」してみました

「言葉遊び」をしてみまた。

言葉遊びとは、

思いつくワードを一つ一つのカードに書き、

それを並び替え、文章を作る遊びです。

頭の中に、いろいろなワードが散らかり、

なかなかまとまって文章にならないときがありました。

それで思いつくワードを一つ一つ付箋に書きだしました。

わたしの場合は感情を表すワードが多く、

実践や行動を表すワードは少なかったです。

また趣味やライフワークも、漠然としていて、

具体的なモノを指すワードもほとんど出てきませんでした。

最近は考えてばかりで、

行動や実践が少なかったと気付くことができました。

また、その言葉をカテゴリーに分けてみると、

足りない言葉も見えてきました。

その言葉が抜けているために、思考が繋がらないのだということにも

気づきました。

言葉を書き出してみると、

自分の思考の偏りや欠けが見えてくるのです。

足りなかったワードを意識することにより、

思考が生まれます。

その思考が新しい行動へつなげ、

またそこから生まれる想いや言葉があります。

こうして、また新たに行動していくことが出来るのです。

言葉を吐き出した後の爽快感も心地よかったです。

考えすぎな自分を解き放ち、

なりたい自分へ近づくため、

時々言葉で遊ぼうと思います。