やめられない理由

小学校の頃から、

作家になりたいと思っていた。

情熱発信を始めてから、

ブログやメルマガも書いている。

どんな文章も書くこと自体は苦ではない。

そして、

言葉によって、

気づいたことはたくさんある。

得たものもある。

自分自身を励まし、鼓舞もしてきた。

また言葉によって救われたこともある。

自分自身を癒してきたのも、

全て言葉だ。

わたしにとって

言葉を伝える

というのが、「書く」ことなのだ。

だから、

「書く」ことは楽しいことばかりではない。

泣きながら綴った言葉もある。

傷口が開いた言葉もある。

想いが言葉にならず、

苦しみながら書いたこともある。

それでも書き続けるのはなぜだろう?

誰かのためとか、

何かのためとか、

そういうものではない。

わたしにとって「生きる」そのものなのかもしれない。