現実と理想のギャップは「そもそも」で埋めませんか?

現実の生活と理想の生活は違う、

あるいは

活動やサービスを始めたとして、

思っていたことと違う。

もしそうだとしても、

「そもそも」を考えると、

その差は少しずつ埋まります。

例えば、なかなかコトが自分の思うように運ばない場合、

壁にぶつかった場合、思考を一度切り替えます。

そもそも自分は何のためのコレを始めたのか?

ああ、そうだ。

自分の力を試してみたかったのだ。

だから、まだ自分の力が足りないのかもしれない、

どうすればその力を身につけられるだろう?

と考えることができます。

また、そもそもが、

その人の役に立ちたかったからだ、

だとしたら、自分に出来る他の方法はないだろうか?

と考えることもできます。

また、

理想の生活と今の生活がかけ離れていたとしても、

そもそも、何でああいう暮らしをしたいのだろう?

理想が叶ったとして、今の自分とどう変わるのだろう?

と考えることにより、

本当に求めているものは何かというのも見えてくるのです。

そもそもは「最初、発端」という意味です。

何かにまよったとき、

道をみうしないそうなとき、

もう一度原点に立ち返りましょう。