わたしの仕事は「書」ことではなく、一人ひとりの言葉を「読む」ことだった。

最近気付いてしまった。

わたしのミッションは「読む」ことだった。

人の言葉を読み、

人の想いを読み、

それをその人に伝える。

例えばライティングセッションでは、

その人が、書いた言葉を読む。

言葉の下にある、本当に伝えたい想いを掘り起こす。

情熱発信カフェでは

その人たちの言葉を読む。

そして、今一番熱い気持ちを掘り起こす。

その想いに一番響く言葉を添える。

心がほんのりする言葉、

視点を変える言葉、

モチベーションが上がる言葉、

自分を見つめる言葉、

言葉から想いを読むので、

心の温度の上げ方がわかる。

それが、わたしのミッションだった。

でも、わたし自身の想いは誰が読むのだろう?

結局それを読むのもわたしなのだ。

だから、わたしは文章を書くのだろう。

自分自身の言葉を読み、

自分自信の想いに耳を傾け、

自分自身に寄り添い続ける。

わたしにとって「書く」とはそういうことなのだ。