わたしは情熱採掘屋なのだと思う。

夜活@富山に参加、
かさこさん(笠原崇寛さん)にお会いしてきました。

講師のかさこさん(笠原崇寛さん)は、ブログや写真、その他音楽活動をSNSで広く発信しています。

また、鋭い切り口と、飾らないストレートな書き方には人気があり、
全国的にもたくさんのファンがいます。

日本各地や海外でも開催されている、
好きを仕事にする大人塾のかさこ塾は大人気セミナーです。

わたし自身も「発信」に関わる活動をしています。
それに、4年前からパラレルワークをしています。
今回のテーマは、パラレルキャリアで好きを仕事にする方法、
とても気になってはいました。

でも、参加の決め手となったのは、
かさこさんのある日の投稿をみたからです。

「ただ書きたいだけなんだ」

これを読んだとき、
かさこさんに会いたい!
そして話がしたい!
素直にそう思いました。

個人事業を初めて4年目、
わたしにはまだ見つかっていない答えがあります。
今回の講義のなかでもありましたが、
自分は何屋かということ。
それを自分の言葉で言えないと、
誰にも伝わりません。
わたし自身、やりたいことをカタチにしたい人に、
ブログの書き方に迷っている人に、
発信方法をアドバイスしています。
でも、情熱発信の「発信方法」は集客やセールスのためではなく、
自分の心を熱くするための言葉や発信なので、
情熱採掘屋というのが、一番近いのかもしれません。

だから、読む人のモチベーションを上げる方法を書いてみたり、
読む人の心を熱くする出来事を書いてみたり、
自己開示をしてみたり、
いろいろ書いてきました。

でも、かさこさんの投稿を見て、
わたしも「ただ書きたいから書いているだけなんだ」と
気がつきました。

誰かに伝えたくて、
誰かに聞いてほしくて、
誰かに見てほしくて、
ただそれだけで書いていたのだと気付きました。

わたし自身が泣き、
わたし自身が笑い、
わたし自身が感動したかったのだと気付きました。

「才能とは持続する情熱である」
今日の講義での、笠原崇寛氏の最後の言葉です。

わたし自身に、書くという力が授かっているとしたら、
それは書き続けたいという気持ちだけだと思います。
書いていると、わたしの中から情熱というエネルギーが、
無尽蔵に出てくるのです。

やはり、わたしは情熱採掘屋なのだと思います。