平成時代は、学びの時代だった。令和は、実践と収穫の時代にしていきたい。

平成時代は、学びの時代だった。
令和は、実践と収穫の時代にしていきたい

わたしが短大を卒業する頃、

昭和が終わった、

平成と同時に、

わたしの社会生活は始まった。

最初は地元の薬品会社に就職した。

でも、すぐに辞めた。

それから、すぐに、小さな経済団体の事務所に就職、

それから26年間、勤務した。

仕事とは何か、

仕事に対する責任とは何か、

仕事を通じての人間関係とは何か、

多くのことを学んだ。

そして、人を愛するとはどういうことなのかも学んだ。

父と祖母を見送り、

生きるとはどういことかも学んだ。

数年前に「情熱発信」として、

個人事業を開始。

ようやく、これまでに学んできたことが、

形になろうとしている。

だから、まもなく始まる「令和」は、

実践と収穫の時代にしたい。

一人一人の情熱が、

尽きることなく注がれ、

夢や希望を掴む時代にしていきたい。