言葉は自分に還ってくる

日本には、「言霊」という言葉がある。

言葉が力を持ち、何かを引き寄せるということだ。

また、西洋には

「思考は現実化する」と言った偉人もいる。

言葉が思考を司るにしても、

思考が言葉を司るにしても、

すべて自分に還ってくるということだ。

だとしたら、

わたしたちは慎重に言葉を選ぶ必要がある。

でも、これは無理にポジティブな言葉を使うという意味ではない。

例えば哀しみを押し殺して、

楽しい言葉ばかり並べても、

哀しみを押し殺した結果が還ってくる。

また、誰かを故意に傷つける言葉を使ったら、

いつか必ず自分も傷つくだろう。

そして、心の温度は低くなる。

逆に誰かを勇気づける言葉、

誰かを慈しむ言葉を選べば、

きっと自分をも勇気づけ、

自分自身の哀しみも癒されるだろう。

言葉の力を信じてみよう。

そして、言葉を選んでいこう。