新しいステージへ

情熱採掘日記の内省に、

違和感を感じる場所というのがある。

そこから気づいた想いを書いてみた。

わたしは、

「周りの人たちが同じような会話をしている場所」

「同じような価値観を持っている人が集まっている場所」

そこにいると、違和感を感じる。

誰が言っても同じ言葉、

誰が言っても同じ意見、

人とは同一性を好む性質を持っているとも思う。

だから、自然と似たような感覚を持っている人が集まるのかもしれない。

でも、個を隠して何の意味があるのだろう?

自分たちの価値だけを確かめ合って、そこから何が生まれるのだろう?

そこに激しく違和感を感じる。

ファミレスが居心地よく感じるのは、

そこは全く混じり合わない人たちの場所だからもしれない。

ひとりのほうがいいと思えるのも、

誰も知る人のいない場所に生きたくなる。

そこは完全な「個」になれるからだろう。

だから、
そこが慣れ親しんだ場所でも、
たくさんの想い出がある場所でも、
仲間が集まる場所であっても
違和感を感じ始めると、わたしの居場所はない。

場所もわたしも、そこをもう必要としていないのだと思う。

違和感を感じた時こそ、
新しいステージに立つときかもしれない。