選ぶ基準

わたしたちが知りたい情報、

それは、活動の内容だけではない。

例えばいつも満員のイベントやセミナー、

どういう人が開催しているのか、

場所はどこなのか?

どういう人が集まっているのか?

そして、そこに参加した人は、

どう変わったのか、

それで選ぶ人が多い。

でも、わたしが知りたいのは、

どういう思いで開催しているのか、

売りたいのか、

教えたいのか、

繋げたいのか、

伝えたいのか、

それらの想いだ。

そして、その想いの下には、

必ずもう一つの想いがある。

「何故、そうしたいのか」だ。

わたしの基準は、それである。

だから、

セッションでも必ずそこを問う。

それによって、選ぶ言葉が変わってくる。

自分自身でそれを自覚したとき、、

初めて「言葉」となる。

それが情熱発信である。