セッション(session)

情熱発信ではセミナーやサポートのことをセッションという言葉を使っています。

「セッション」とは、もともと「ジャム・セッション」の略で、
複数の演奏家が集まり、即興で演奏することを言います。

わたしがサポート中に行うこと、

質問や会話、

その中で生まれてく想いと言葉、

それを聴き、また新しい想いが生まれる。

相互にどんどん新しい想いが生まれるのです。

それはまるで即興で演奏される言葉の音楽です。

そして、それが少しずつ1つのカタチになっていく。

その言葉がITの波に乗り、流れていく。

やはり音楽だと思います。

そして同じ演奏が二度とできないこと、

一度溢れると、もう次の新しい想いが生まれようとしている、

それも音楽と同じです。

これからも、たくさんの想いを、

波に乗せていきたいと思います。