一番熱くなれる時間、それは自分のストーリーを語るとき

他人のストーリーでは熱くならない。
他人のストーリーには興味がない。

それが私たちのホンネかもしれない。

でも、ただ一つ例外がある。

それは、好きな人のストーリー、

憧れのヒーローのストーリーである。

そして、興味を持っている人のストーリーである。

遠距離恋愛をしていたとき、

ドライブ食事とお酒宿泊先へ、が定番だった。

ドライブ中は、ほとんど私が話していた。

彼の、気のあるようなないような相槌に、

興味がないのかと思って黙ると、

「で?」

と、先を促してくれた。

それで、聞いていてくれたのだとわかった。

お酒が入ると、

今度は彼が饒舌になった。

全くわからない仕事の話を、

彼は目を輝かせながら話してくれた。

でも、彼が今の仕事をとても好きなのだということが伝わった。

人間はわからない話でも、

自分にとっては興味のない話でも、

その人をどう思っているかで、

言葉に耳を傾けるものである。

そして、わたしたちが一番熱くなるとき、

それは自分のストーリーを語っているときである。

仕事のこと、活動のこと、趣味のこと、

または嬉しかったこと、悲しかったことは、

いくらでも話しても話し足りないのだ。

だから、わたしはそれを書く。

書くだけで熱くなれる。

そして、少しでも興味を持ってくれた人が読んでくれればそれでいい。

こう生きている人間がいると、

誰かに聞いてもらえればそれでいい。

わたしも興味のある人のブログ、

好きな人の言葉、好きな人の物語を、

ずっと読んでいきたいと思う。