言葉を読み解くカードリーディング

情熱発信セッションでは、
言葉カードを使ったセッションを行っています。

その人の日ごろの活動や言動から伝わる想い、
連想される言葉を拾い出し、並べていきます。

そしてその中から、
好きな言葉、刺さる言葉、しっくりとくる言葉を残し、
それ以外は外してもらいます。

残ったカード、あるいは外したカード、選び方から、
いろいろな想いが読みとれるのです。

ほとんど外せない人もいます。
もともと、その人の言動を元に選んだ言葉なので、
残って当たり前なのです。

でも、言葉が多すぎると、
ピンポイントで探せない、今の想いも埋もれています。

だから何を言いたいのか分からなくなってしまうのです。

また、外した言葉にも意味があります。

嫌いだから、何かが違うから、ぴんとこないから、

外す理由もいろいろあります。

でも、その中に、いつも使っている言葉が入っていることもあります。

無意識でその言葉を選んでいるのか、使っているのか、
伝えたい想いと思考の矛盾点が浮き彫りになります。

矛盾しているから、自分でも言葉に違和感を感じ、
伝わりにくくなっているのかもしれないのです。

それに気付くことができれば、選ぶ言葉も変ってきます。

何を伝えればいいのかも見えてきます。

どう伝えればいいのかも分かります。

言葉カードを使ったリーディング、

これからも、様々なシーンで活用していきたいと思います。