ファンレター 大切なあなたへ

わたしが読みたい物語

誰だって誰かのためを想っている。

そのために、活動している。

頑張っている。

そして、伝えている。

届けている。

それはもう充分わかっている、

あなたが頑張っているのは、

充分に伝わっている。

何を届けたいのかも、

何を伝えたいのかも、

みんな、もう充分わかっているのです。

そして、

わたしが読みたいと想うのは、

あなたが想っている誰かのことではなく、

あなた自身の物語

あなたがどう生き、

何を考え、

どこへ向かっているのか?

そして、そのために、

何を成し遂げようとしているのか、

あなたの日々の活動の中に、

あなたの日々の行動の中に、

あなたが伝える言葉の中に、

その物語を読むことができたら、

きっと、あなたのファンにならずにはいられないでしょう。

そういうあなたを応援せずにはいられないでしょう。

そして、あなたの想いを、
ほかの誰かに伝えられずにはいられないでしょう。

そういうあなたを、

これからもずっと見ていきたいと、

心から想うのです