「伝える」と「伝わる」を考える。

わたしたちには伝えたい想いがある。

そのツールとして「言葉」を使っている。

でも、それとは別に伝わるものがある。

そして、その違いを認識することが大切なのである。

例えば泣いている赤ちゃん。

一生懸命何かを伝えようとしている。

お腹がすいているのか、

眠たくなってきたのか、

遊んでほしいのか、
それは分からなくても必死さは伝わる。

でもそれは、母親になると理解できるそうだ。

伝えたいことが伝わる。

一生懸命さも伝わる。

だからコミュニケーションが成り立つ。

これは、会話でもSNSでも同じことだと思う。

届けたいサービスやコンテンツを情報として伝える。

そして、何故これをすすめているのか、自分の想いを伝える。

これは「言葉」で伝えることができる。

でも、情報はいくらあっても、

温かみがない人に、近づこうとは思わない。

でも熱意は伝わっても情報が伝わらないと、どうしていいのか分からない。

何を伝えていきたいのか、

何が伝わっているのか、

これらを常に考えて行きたいと思う。