形式に囚われない書き方

ブログや文章で自分の想いを書くときは、

形式に囚われない書き方をした方が書きやすい。

確かに読みやすい、伝わりやすい書き方はある。

模範となる書き方もある。

でも、

作文が上手くなりたいわけではない

語彙の数を競っているわけでもない。

伝えたい想いを、ちゃんと伝えるのが目的である

伝えたい想いをいくら、綺麗に書き上げても、

それが伝わるとは限らない。

逆に、句読点がどこにあるのかもわからない、

子どもの書いた日記や作文にココロを打たれる時がある。

だから、まず必要なのは、

伝えたい想いを、言語化できているかと言うこと。

そのためには、どう書けばより伝わるのかを考えること。

情熱発信ライティングセッションでは、

まず伝えたい想いを言語化させます。

それから伝わる文章にしていきます。

想いの伝え方は、

ひとそれぞれであって、

正解なんてないのだから。