想いは生もの

想いは生モノだと思っている。

今、湧き上がっているものは、

明日になると新鮮さがなくなる気がする。

新鮮な想いを、

新鮮なうちに言葉で伝えたい。

だから、思いついたときに、

ブログや文章を書くことがベストだと思う。

もちろん、思いついたときに

書けない状況もある。

移動中や仕事中、

誰かとあっているときや、

お風呂に入るとき、

でも、思いついた言葉をそのままメモを残しても、

想いは失われてしまっていることが多い。

だから、わたしにとってネタ帳は意味がない。

新鮮味がなくなった想いは、

ネタにもならない。

また、再び、想いが湧き上がってきたときに

書けばいいと思う。

逆に、

想いが溢れるときは、

筆を止めずに書くようにしている。

溢れ出てくる想いは止めたくない。

どんな想いも、

それはわたし自身のストーリーとなるはずだから。

その瞬間の想いの鮮度を、

ずっとずっと残したいと思うから。

前の記事

ホンモノは響く

次の記事

声のないおしゃべり