言葉カードリーディングに3つのテーマを設定しました。

言葉カードリーディングに3つのテーマを設定しました。

言葉カードはもともと、

言葉の選び方、伝わり方を可視化するツールとして、

セッションで使用を始めました。

選ぶ言葉によって、本当は何を伝えたいのかがわかります。

それhは自己診断や自己解析思想にもつながるので、

自分自身を省みるツールとして、

言葉カードリーディングを始めました。

今回、設定した3つのテーマは以下になります。

1つ目は、自分の夢や志を見つめる、「未来(フューチャー)

2つ目は、自分の核や内面を見つめる「自分(マイセルフ)

3つ目は、唯一無二の人生を生き、これからも生きていく「道(ロード)」

このカードの原点となっている情熱の処方箋には、7つの項目からなる質問があります。

答えや答え方は自由、その答え方ひとつにも、

さまざまな想いが込められているのです。

そこから出てくる言葉を、体系化し、

並べていくことによって、あらたな思考が生まれます。

例えば、大切にしているもの、手に入れたいものからは、

夢や志が見えてきます。

また、守りたいものや、失いたくないものからは、

使命が見えてきます。

また、今あるものや、ずっと持っているもの、続けてきたことの中には、自分が好ましいと思う価値観があります。

そして、今までの出会いや別れ、後悔や哀しみの中にも、

自分自身の、まだまだ続く物語があるのです。

この3つのテーマは、自分たちの活動やサービスの根っこにある想いではないでしょうか?

情熱発信言葉カードリーディングでは、

言葉カードをテーマに合わせたボードに並べ、

今の想いを可視化させます。

言葉カードで気づく想いは人によってさまざまです。

今日はなにに気がつくのか、も

その人その人の「今ある姿」を写し出す鏡です。

全ての思考は言葉にできれば現実化していく、

あなたの想い、

言葉カードリーディングで解いていきませんか?

現在無料体験受付中です。
(2019年8月末まで)

お申し込みはこちらのフォームからこちらのフォームから

予約あき状況は情熱発信カレンダーでご確認ください