無言実行の人、有言実行の人

昔の人は、

無言実行を、好しとしてきた。

あーだこーだなど、

つべこべ言わずに、さっさと行動しなさい、

というわけだ。

もちろん、それはカッコいい。

いつの間にか、やっていた。

さらりと実行にうつした。

そういう人を見ると、

「この人、デキル‼︎

そういう印象がある。

でも、最近思う。

言葉にしなくても出来ることは、

多分、最初から出来ることなのだ。

だから、わたしは

「有言実行」を好しとしたいと思う。

何故なら、

「有言実行」とは、

今は出来ないかもしれないけど、

いずれやりたいと思っていることなのだ。

そういう想いは、

言葉にしたほうが、実現しやすい。

自分の言葉には、背中を押してくれるチカラがある。

だから、

周りの人から、

また大きなことを言っている!

そう思われても、

言葉にした方が絶対に良い。

もちろん、

それさえも、言葉にせずに、

黙って努力を続ける人、

そして、目的を達成する人、

無言実行の人は、

本当に「デキル人」に違いない。

そしてわたしは間違いなく、

有言実行の人だと思う。

次の記事

感謝・感謝・感謝!