言葉は自分自身を写す、それはまるで鏡のようだ

いつも口にしている言葉、

ついつい使ってしまう言葉、

言葉は自分自身を写す、
それはまるで鏡のようだ。

でも、

本当はこんなことを言いたいわけではない。

本当はこんなことを伝えたいわけでない。

心のずっとずっと奥のほうに、

何かを伝えたがっている自分がいる。

聞いてもらいたがっている自分がいる。

でも、言葉にできない。

言葉にならない。

だから、そのもどかしさが、感情となって外に出る。

想いとは裏腹なことを言ってしまう。

そして、周りを傷つけてしまう。

そして、伝わらない哀しさが、

自分自身を傷つける。

自分自身をもっと孤独にする。

だから、わたしたちは言葉を学ぶのです。

そして、自分の言葉に耳を傾けるのです。

自分は何を伝えようとしているのか、

自分の言葉はどう伝わっているのか、

そして、その言葉には、

本当の自分自身の姿があるのです。。