未来を手放さないで!

「学校に行きたくないんじゃない!行けないんだよ。

本当はみんなと仲良く遊びたい!でも、遊べないんだ。

言いたくなかったわけじゃない、言えないんだ!

泣きたいのを堪えているわけじゃない、泣けないんだ!」

心を絞るようなその叫び声、

それは誰かの言葉だったのか、

それとも自分の心の叫びだったのか、

それはもう覚えていない。わからない。

でも、それはわたしの心にずっと焼き付いている言葉だ。

9月1日は、

自殺する子が一番多いという。

また辛い日々が始まるからだ。

でも、8月31日ではなく、

9月1日ということが、

彼らの本心を語っているとも思う。

わたしも不登校児だったことがある。

2ヶ月近く、家に引きこもっていた。

学校には行きたくないと親にいった。

絶対にいかない、と心に決めた。

そして、最終的に、親は容認してくれた。

そこまで言うのなら、お前の好きにしろ!

そう言われた。

でも、あのとき、

わたしは、「学校生活」をあきらめたのだ。

友達と過ごす時間、楽しく遊ぶ時間、

それはどんなに求められても決して手に入らないもの、

わたしなんかが、求めてはいけないもの。

鈍臭くて、走るのが遅くて、ちょっと大人びている変わり者のわたしは、みんなと違うのだ、

と、全てを諦めてしったのだ。

もしかしたら、91日に投稿した生徒の中には、

今までとは違った教室と自分を夢見ている子もいるかもしれない。

今度こそは、みんなとうまく出来ると期待していた子もいるかもしれない。

でも、現実にそんなことはありえない。

だから、わたしは「そう言う場所なんだ」と、

思うことにした。

最初からそうわかっていれば、

期待することもない。

変わり者でいることに慣れてしまえばいい。

嫌な時間も有限だ。

そのときだけ我慢すればいい。

だから全てを諦める必要はない。

卒業証書はやっぱりほしい。

人並みに進学もしたい。

未来まで諦めたくはない!

だって、だって本当は、

「学校に行きたい!

  みんなと仲良くしたい!

そして自分の思いをはっきり言いたい!

辛いことがあったら、大きな声で泣きたい!」

それが当たり前のことなんだから。

多くの人の助けを借りて、

わたしは未来を取り戻した。

そして、今こうして語ることができる。

未来を諦めないで!

自分から未来を手放さないで!

今悩んでいる、多くの子供達に、

このエールを送りたい。