「ペンは剣よりも強い」

「ペンは剣よりも強い」

わたしの大好きな言葉の1つです。

そして、この言葉は、

以前からいろいろなシーンで使われてきています。

マスコミは、

大衆の声は、権力者にも勝る、

そういって、世論を煽動してきました。

また、真実を記録として後世に残せるのが、

ペンの力だという人もいます。

現代では、情報を制する、といったところでしょうか。

ネット上にはさまざまな言葉が情報として溢れています。

ただ、もともとの意味は

「権力者の一筆のサインは、多くの兵に勝る」という

西洋の戯曲の1節だそうです。

そして、わたしの解釈も、

少し違っています。

わたしもペンは剣よりも強いと思っています。

そして、同時に剣の持つ強さも欲しいと思っています。

ペンは言葉を表すための道具です。

つまり、わたしの求める強さとは、

ペンではなく、言葉の強さです。

まがい物やまやかしを一刀両断する強さ、

迷いや弱気を振り払う強さ、

自分自身を真っ直ぐに映す、曇りのない輝き、

そういった強さが欲しいのです。

誰もが自分の中に葛藤を持っています。

毎日、自分の中の何かと戦っています。

埋もれてしまいそうになる、日々の喧騒、

なかなか見えてこない、明日や未来。

油断すれば、背を向けて逃げ出しそうな自分自身、

それでも、前に進みたいと思えば、

そういう自分と戦い続けるしかない。

「言葉」はわたし自身の持つ唯一の武器です。

「ペンは剣よりも強い」

わたし自身、言葉の力を信じ、

前に進んでいきたいと思っています。

次の記事

不思議なおばちゃん