自分周りのモノゴト、見てみませんか?

自分周りのものごとって

見えているようで見えていない。

気がつくと同じような服ばかりを選んでいたり、

持っていた本を忘れて、

また注文してしまったりするのも、

自分の在り様が見えていないからだと思う。

今あるもの、

自分を取り巻いているもの、

いつも選んでいるものを、ひとつひとつ見ていくと、

いろいろ気付くことが出来る。

なーんだ、自分はちっとも変わっていない!と、

子どものころ、捨てられなかったぬいぐるみが、

今はクッションに変わっただけ、

子どものころ、何度も読んだ絵本が、

今は小説に変わっただけ、

置き場所も思い入れも全然変わっていない、と気付く。

また、今でも暗い場所が嫌いだったり、

雨の日は、元気が出なかったり、

夏は今でも大好きだったり

変わっていないことに、気付く。

今でもずっと続いているということは、

それが自分にとって、一番大切なものだということ

これからもずっと、守っていきたいモノだということ

決して失いたくないものだということ

そしてそれは、この先も変わることはない。

情熱発信原則原理

2章は「在り様」

自分の価値観は、この中にある。