変るモノ、変わらないモノ、そして遺していくモノ

 

数年ぶりに東京に行った。

いろいろなモノゴトが変わっていた。

まず、自分の気持ちが変わっていた。

100%の解放感と、自由感で行ったのは初めてかもしれない。

だから新幹線の中の時間が変わった。

ブログを書く余裕があった。

着いてからの行動も変った。

東京駅が新しくなっていた。

待ち合わせ場所にも、急かさず行くことが出来た。

その一方、変わらないモノゴトもあった。

久しぶりの友人との再会。

その友人の笑顔。

これは変わらない。

以前と同じ感覚、空気感、これも変わらない。

そして、わたし自身も変っていないと思える。

久しぶりに歩いた東京の街。

新しいモノがどんどん建ち、

その街の風景を変えていく。

でも、その一角に、

古いものがそのまま残っている場所があった。

ああ、そうだ。

これは変わらないとか、変えないとかではない。

遺していくものなのだ。

人の生き方も同じだ。

変えていくもの、

変っていくもの、

変らないもの、

変えたくないもの、

そして遺したいものがある。

わたしは何を遺せるだろう。

それはやはり「言葉」でありたいと思う。