自分との戦いかた

書くことは、

楽しいことだけではない。

考えたくないことを考えたり、

見たくないものを見つめたり、

聴きたくない声に耳を傾けたり、

自分の中にある、最も苦手な部分と向き合うこと。

自分の弱さを受け入れること。

それはまさに自分との戦いである。

でも、言葉にすると、受け入れられる。

言葉にすると、乗り越えられる。

そして、先へと進むことができる。

「書く」ことが、わたしの戦い方である。

どんな想いも、それは自分の想い。

それに背を向けることは、

逃げ出すこと。

それはわたしには出来ない。

時間がかかっても、

どれだけ傷ついても、

戦い続けるしかない。

そして、この戦いに、

終わりはない。