わたしって、こんなに文章下手だったの⁉︎〜書籍化までの道のり〜

書籍化目指そう!

そう思って書き始めたものの、

数行書いて、愕然。

なんだ、この下手くそな文章は!

構造が定まっていない、

書いていることは支離滅裂、

話題があちこちに飛んでいる!

わたしって、こんなに文章下手だったん?

想いを書く以前の問題。

自分の文章技量の無さに衝撃を受けました。

一気に意気消沈。

流石にこのまま書き続けるのは無理があるので、

一旦、筆を止め、

それぞれ目次の下に、要点だけを記入しました。

要するに、

内容は定まったものの、

書き方が定まっていなかったのです。

1つの章のボリュームはどれくらいがよいのか、

文章構造をどうするのか、

はたまた、ジャンルは何なのか、

専門書というほど、深くは書けないし、

ブログのように、ノンジャンルでも書けない。

作文?レポート?小論文?

なかなかそれが定まらない。

とりあえず、いろいろ決めてかからないといけない。

それだけは確かなようですね。