恋人

いつも、楽しそうな瞳でわたしを見ていた。

海を見てははしゃぎ、

珍しい物を見ては驚き、

どんな話にも、

屈託なく笑う私を、

楽しそうな瞳で見ていた人。

 

いつも、哀しい瞳で私を見ていた、

街を一緒に歩いていても、

クリスマスの街飾りにも、

ショーウインドに並んだ、

バレンタインのギフトセットにも、

気が付かないフリをしていた私を、

哀しい瞳で見ていた人。

 

いつも、険しい瞳で私を見ていた、

私が会いに来るたび、

どこかへ行こうと誘うたび、

無理をするなと言いながら、

それでも、飛び込んでくる私を、

険しい瞳で見ていた人。

 

いつも懐かしい瞳で私を見ていた、

私の話に耳を傾けながら、

自分の故郷について語りながら、

そして、休暇が終わった日の朝、

「仕事に行ってくるわ!」と出ていく時に、

部屋の扉を閉めるときに、

懐かしい瞳で振り返って私を見た人。

 

今、あなたの瞳は何を見ていますか?