無理なものは無理〜書籍化への道のり〜

書籍化が無理なわけではない。

専門書のような重みのある書き方が無理だということを実感。

ついでに言うなら、

生々しい表現も無理だということを実感している。

でも、わたしが書籍化したいのは、

教本やテキストではない。

新聞や雑誌ではない。

だから、書き方にこだわる必要性はないのだ。

もともと、

わたしの書く文章は、

「サラサラと流れる水のようだ」

とか、

「透明で、何もかも通り過ぎてしまう」

とか、

つまりは、

「読みやすいけど、あまり印象に残らないよね」

と、いうことだろう。

文章が読みやすいというのは、

本を書く上では強みになる。

難しい!と閉じてしまわれることはない。

でも、逆に言えば、「飽きた」に変わる。

そこの兼ね合いが難しい。

とにもかくにも、

書き方は定まった。

書き方が定まると、

タイトルも定まり、

内容も定まる。

そして、すぐにでも書き始めたくなる。

やっぱりこうでなくちゃね。

読書の秋、文章の秋、

ようやく執筆開始です。