選ばれし者と変わり者は紙一重?

選ばれし者と変わり者は紙一重

最近、つくづく自分って変わり者だと思う。

昔は変わり者だって思われたくなくて、

ふつーの子に憧れていたのに、

やっぱり変わり者は変わり者だ。

今だって、

サラリーマンしていたときのほうが、

お金も時間もあったのに、

複業稼業をしている。

その複業稼業だってそうだ。

最初、ワードプレスを教え始めたとき、

これをメインにすれば、

食べていけるのに、

と言われた。

自分でもそうだと思ったが、

それは嫌だった。

ブログを書き始めたとき、

アフィリエイトにすればいいのに、

と言われた。

でも、自分の書いた文章で、

アクセス数を競うのも嫌だった。

今もそうだ。

今書いているブログの内容も、

結構、時代錯誤。

熱さとか志とか、使命とか、

昭和どころか、明治時代の価値観かもしれない。。

ブログ、電子書籍の時代になっても、

自分が一番最初に出版するものは、

紙の本と決めている。

ここまで変わり者で、

頑固者はそういない。

でも、そういう自分を愛おしく思っている。

もしかしたら、わたし自身、

選ばれし者かもしれない。

そう考えたほうが、人生楽しくなる。

選ばれし者と、変わり者は紙一重なのだ。