論ずると語りあうの違い、考えてみませんか?

語ると論ずるの違い、

語るも論ずるも、熱い想いを伝えることには変わりない。

論ずる、ということは、

議論、結論、という言葉からも連想できるように、

意見を伝えること

一方、語りあうといのは

自分の想いを聴いてもらうことだと思う。

意見と想いは違う。

例えば、遠距離恋愛中、

よく言われた言葉が、

「大丈夫?こんな恋愛はやめたほうがいいよ。

幸せになれないよ」

これは意見だ。

だから「そもそも幸せとは何か」

という、議論が生まれる。

一方、

「大丈夫?そんなに辛そうな顔して、わたしも胸が痛いよ」

これが想いだ。

そこには議論が生まれない。

でも、その言葉で熱い涙が溢れてきたのは、

覚えている。

これはブログや文章でも言えること。

今書いている文章は、紹介なのか、意見なのか、

それとも語りなのか、

わたしは語りかける文章を書いていきたい。

 

 

以前のブログ

話すと語るの違い、考えてみませんか?

「説く」「論ずる」「語る」、言葉には主にこの3つの用途がある