「出来ない」「無理」と思う、そのココロとは?

「出来ない」「無理」と思う、そのココロとは?

新しいことを思いついたとき、

やりたいことが見つかったとき、

ついつい、

出来るだろうか?

可能だろうか?

と先に考えてしまう。

わたしの思考の癖である。

今、わたしは2つほど、

ほんの少しだけ背伸びをして、取り組んでいることがある。

数年前は「まだ出来ない、まだ無理」と思っていた。

でも、「出来るかもしれない」に変わってきた。

そして今は「やろう!」になった。

数年前の「まだ出来ない、今はまだ無理」は

「今はまだ決められない」「今はまだ考えたくはない」

という意味だった。

また、「出来ない」「無理だ」という言葉に、

思考が「不可能」という意味として捉えてしまっていた。

また、やりたいことのはずなのに、考えたくないという矛盾、

それも、不可能なこととしていた。

一度、持ってしまった不可能という思いを、

覆すのは難しい。

誰かに言われたからといって、変わるものでもない。

わたしの場合、そういう思考に陥ったときは、

根本から考えるようにしている。

出来る方法を考えるのではなく、

何故、出来ないと思うのか、考えるようにしている。

そしてそれを言葉にする。

ブログとして、客観的に書いてみる。

そうすれば、自分が見えてくる。

ああ、まだ自信がないのだ、とか、

何かちょっとまだ足りない気がしている、など、

課題も具体的に見えてくる。

そして、また、

次のブログで、

何故、自信がないと思うのか、とか、

何が足りないと思っているのかとか、

方向性はどこなのだとか、

書いてみる。

それが自分を見つめることなのだ。

そうすると、

気持ちも不可能から、今は不可能、そしていつかは可能、

に心も変化してくる。

思考のクセは、そう簡単には治らない。

でも、自分の言葉を聞くことは、

自分の想いに耳を傾けること。

これからも自分の想いを真っ直ぐに見つめ、

「不可能」を「可能」に変えていこう。?