タイトルは「ときのまにまに」、ペンネームは「TOUKO」

11月に、出版してみることにしました。
ISBNコードを取得する以外、
ほとんど手作りの本です。

内容は、今までブログに書いてきたフィクション、
そして未発表のフィクションです。

正直、まだビビッています。

ブログならまだしも、
こんな散文を世に出していいのだろうか?

と、ためらう自分もいます。

そして、勇気を行動に繋げるため紹介します。

タイトルは
「ときのまにまに」

ペンネームは
「TOUKO」です。

わたしにとって、本は友達でした。

病気がちだったわたしは、
たくさんの物語を読んで育ちました。

そしていつしか、
わたしもステキな物語を書きたい、
そう思うようになっていました。

でも、その壁は果てしなく高いものでした。
新人賞を獲らなければ、作家にはなれない、
そういう世界でした。

でも現在は、作家になるための手段は
電子書籍出版やサービスや、ブログの有料サービスなど、
たくさんあります。
時代と技術が、その扉を大きく開いたのです。

最初の一歩は、
今年の11月、
まず紙の本を出します。

タイトルにある「まにまに」、とは
流れのままにゆくこと、

どんな時代も流れゆく時間のままに生き、
どんな想いも感じるままに生きてきた

熱く心に響くエピソード、

今を生きるわたしたちのときのまにまに流れゆく物語を、

熱く語っていきたいと思います。