もっと真っ直ぐに、もっと素直に書ける強さが欲しい。

秋晴れの空に、

ひこうき雲のようなものを見た。

ずっと上空を飛んでいたようで、

針のように細い雲だった。

目を離すと、見失いそうだった。

本当にひこうき雲だったのかどうか、

確証はない。

歌にあるように、

空までも続いてもいない。

でも、真っ青な空に、

真っ直ぐに進んでいくその姿に、

ある種の清々しさを感じた。

言葉では表現出来ない感覚がある。

例えば、「ひこうき雲に癒されました」とか、

「朝から元気が出ました」

など、言葉にしてしまったら、

その想いは陳腐なものになってしまう。

確かに、

前を見ていこうと思った。

元気を出そうと思った。

今日一日頑張ろうと思った。

でも、きっとそれだけではない。

まだまだ言葉が足りない。

まだまだ言葉の力が足りない。

書いていて、

もどかしく感じるのはそういう時だ。

もっと真っ直ぐに、

もっと素直に書ける強さが欲しい。