1番欲しいモノが手に入らなかったとき、2番目に欲しいモノで満足できる?

1番望んでいるもの、

1番願っていたこと、

もしそれを得る機会を永遠に逃してしまったら、

あなたは2番目のもので満足出来ますか?

わたしは出来ない、

欲しいもの、求めていることに

順番付けなんてしていない。

2番目なんて最初から無い。

いつだって、

たったひとつのこと、

たった1人の人だけを求めてきた。

だから一番に願うものが手に入らなかったとき、

また新しい一番を探し始める。

見つけるまで時間もかかる。

でもそれは

1番があったときには、考えもしなかったこと、

1番があったときには、気づきもしなかったこと、

そういった中から見つかることもある。

それを周り道だと言うのかもしれない。

能率も効率も悪いのかもしれない。

不器用だし、賢くもないのかもしれない。

でも、新しい1番が見つかれば、

またひたむきに頑張れる。

ガムシャラに突っ走ることができる。

今、わたしはようやく今の一番を見つけた気がする。

それが形になってきたところなのかもしれない。

今、わたしの求めているのは最強の言葉力。

だからわたしはいつも書き続けているのだ。

ひとつのことを、

ただただ求めているだけである。