今朝、今年初めての雪が積もった。

とうとうこの時期がきた、と

軽くため息が出た。

でも、雪自体は嫌いではない。

明け方、凍りつくような寒さで目が覚めたとき、

外は銀色で輝いている。

雪が振り切った空には、

雲一つなく、青空が広がり、

太陽が反射して、外は一面に輝いている。

色味の無い光だけの世界。

地上にあった、

あらゆるものが覆い隠され、

春が来るまで眠る世界。

静寂と浄化

この言葉がぴったりとくる。

そして、

モクモクと除雪する人たちの姿。

雪を受け入れ、雪と付き合ってきた暮らし。

それさえも、神々しく見える。

間もなくやってくる雪の季節、

この季節に今年も巡りあえることに、

幸せを感じたい。