変わりたい人と、変わりたくない人と。

世の中には、

常に変わりたいと思っている人と、

変わりたくないと思っている人がいる。

変わりたい人は、

今のままの自分いやだとか、

もっともっと向上したいとか、

本当の自分はこんなんじゃないとか、

いろいろ考える。

変わりたくない人は、

変化を好まず、

失いたくないとか、

今の自分や環境を守るため、

これ以上悪くならないようにと、

いろいろ考える。

でも、不思議なのは、

変わりたいと言葉に出す人ほど、

行動が見えず、

変わりたいとは言葉に出さない人ほど、

静かにどんどん変化している。

先日、

久しぶりに言葉を交わした友人がいた。

彼女の生活は、数年前から、

何一つ変わっていない。

あきらめたように、

「何にも変わらんわー」という彼女に、

「本当は変わらなくてもいいって思っているんじゃない?」と言うと、

「そうかも」、言葉が返ってきた。

変わりたい人は、変わっていけばいい。

変わリたくない人は、そのままでいい。

どちらも自分で選ぶ生き方だ。

ただ、変わりたいと思っているのなら、

どうなりたいのかを、

変わりたくないと思っているのなら、

何を恐れているのかを、

少し考えてみるだけで、

案外想いは見えてくる。

無理に言葉にしなくてもいい。

でも、本当に変わりたいのか、

本当は変わりたくないのか、

もう一度自分自身に問いかけてみよう。