行き当たりばったりでいい、まず動こう!

自分の行動力はまあまあだと思う。

後押ししているのは「知らない」という強さだ。

面倒や困難が目に見えて分かると、

返って動けない。

頂上までの長い距離が見えると、

とてもたどり着ける気がしないのである。

でも、知らなかったら進むしかない。

いつかたどり着けると信じて進むしかないのである。

何かを始めるときにも、

下調べとか、知識とかはあまり考えない。

今の知識やスキルでどこまでいけるところまで行ってみる。

その道の間に、身についていくスキルや知識もある。

セッションやセミナーの中で、自分も充分学べる。

新しい充分気付きたくさんある。

実践しながらなので、身につくスピードも速い。

もちろん、ある程度の予備知識は必要だ。

もしかしたら、とんでもない落とし穴があるかもしれない。

目に見えないところに、

重要なことがあるのかもしれない。

そこまで考えていたら、怖くて動けない。

どこまで調べれば、どこまで学べば動けるというのだろう?

どんなに学んでも、調べ尽くしても、

全てを知ることはできない。

行動した後で見えてくるものの方が、

真実である。

あるかないかわからない落とし穴も、

どこに潜んでいるかわからない困難も、

そのときまで進んで見なければわからないのだ。

逆に、落とし穴にハマったら、

抜け出す方法を考えればいい。

※ちなみに落とし穴は掘り続ければ、上に出られるらしい。

困難に出会ったら、

困難の種類がわかるので、対処法もわかる。

行き当たりばったりでもいいから、

方向が決まればとりあえず動く。

これがわたしの行動力である。

次の記事

まず、自分