わたしたちは、社会の中で生きている。

バスに乗っていると、
いろいろな人間模様が見える。
まるで小さな社会だ。
高齢者に手を貸す人、
周りに気を配る人、
笑顔で挨拶を交わす人、
運転手さんにお礼を言う人、
そういう人たちを見ると、
人は自分だけで生きているのではないのだ、と思う。

クルマに乗っていたり、
家にいると気づかない風景だ。
だって、周りには自分しかない。

自分の家族、
自分の部屋、
自分と気の合う人たち。

居心地はもちろんいい。
自然体でいられる。
自分を受け入れてくれる人たちばかりだ。

でも、社会は違う。
いろいろな人たちがいる、
いろいろな価値観を持った人たちがいる。
そして、わたし自身、
その中で生きている。

バスに乗ると
そのことに気付かせてくれる。

次の記事

時間と向き合う