学びと実践の違い、それはエネルギーの違いだ。

情熱発信を始めてから、
ずっと「熱くいこう!」と言ってきた。
自分自身も熱く生きたい!
ずっと思ってきた。

そして、
熱くなれば、誰でも動き出せると思っていた。

でも、
どんなに熱くなっても、
動き出さない人もいることを知った。

それは動き出さないのではない。
動き出せなかったのだ。

そして、そういう人たちのために、
いろいろなサービスが生まれた。

夢の叶え方、
好きを仕事にする方法、
自分として生きる方法、

たくさんの情報が溢れている。
検索すれば、たくさん見つかる。

でも、方法を知るのと、
実践するのは大きく違う。

やり方を学ぶのと、
実践するのでは、
エネルギーの使い方が全く違うのである。

情熱発信セッションは、
ただ熱くなるためのセッションではない。
熱い想いを、実行に移すためのエネルギーに変えるための
セッションである。

ここ数年、セッションを通して伝えてきたこと、
また自ら実践してきたことを、1冊の本にまとめていこうと思う。

前の記事

家族が集まる日