言葉って共通言語だよね?

言葉って共通言語だと思っていたけど、
最近、そうでもないのかな、て思う。

全く違って解釈されたり、
真意が伝わらなかったり、

お互いを理解するためのツールだと思っていたけど、
聞いてもらえないとき、
分かってもらえないときって、
それはお互いの気持ちの問題なのかな。

だとしたら、何のための言葉だろう。

単に言いたいことを言うためだけの言葉?
自分の主張のためだけの言葉?
自分の要求をいうためだけの言葉?

だとしたら、共通言語なんていらない。

言葉の力ってそんなもんじゃない。
わたしたちは、話すと同様、聴く、
という能力も与えられている。

そのためのことばなのだ。

あなたは誰かの言葉に、耳を傾けていますか?