ロングセラーとベストセラー、売れ本と名著について考えてみた。

売れている本には、
ロングセラーとベストセラー、
読まれている本には、
売れ本と名著がある。

ロングセラーとベストセラー、
売れ本と名著は、同じではない。

何故この本が売れるのだろう、と謎の本もあるし、
この本をもっとみんなに読んでほしいと思う本もある。
人の価値観はさまざまだし、
時代によって興味や関心の対象も変わってくる。

だから、ベストセラーを出すには、時代の「今」を、
理解しないといけない。
いち早くそれを察知し、そこに斬り込んでいける作家が、
ベストセラー作家になれるのだと思う。

でも、一方で、ロングセラーの本もある。
いつの時代でも、どんな世代にも、広く長く読まれる本だ。
そこに書かれているものがたりは、色褪せることなく、
内容も陳腐化することもなく、
どこの図書館にも必ず置いてある本。
それが名著だと想う。

例えば、「大草原の小さな家」「アンネの日記」「赤毛のアン」「星の王子様」などの名は、一度は聞いたことがあるはずだ。
「坊ちゃん」「人間失格」「銀河鉄道の夜」などの名も、
一度は耳にしたことがあるはずだ。

わたし自信、書いていきたいのは、
長く愛されるロングセラー。
「こんなこともあったよね」と語れる本だ。

名著には、「自分の心」と真っ直ぐに向き合った、
著者たちの生き様が描かれている。

わたしもそういう物語を書いていきたい。
とベストセラー、
名著と売れ本

売れている本には、
ロングセラーとベストセラー、

読まれている本には、
売れ本と名著がある。

ロングセラーとベストセラー、
売れ本と名著は、同じではない。

何故この本が売れるのだろう、と謎の本もあるし、
この本をもっとみんなに読んでほしいと思う本もある。
人の価値観はさまざまだし、
時代によって興味や関心の対象も変わってくる。

だから、ベストセラーを出すには、時代の「今」を、
理解しないといけない。
いち早くそれを察知し、そこに斬り込んでいける作家が、
ベストセラー作家になれるのだと思う。

でも、一方で、ロングセラーの本もある。
いつの時代でも、どんな世代にも、広く長く読まれる本だ。
そこに書かれているものがたりは、色褪せることなく、
内容も陳腐化することもなく、
どこの図書館にも必ず置いてある本。
それが名著だと想う。

例えば、「大草原の小さな家」「アンネの日記」「赤毛のアン」「星の王子様」などの名は、一度は聞いたことがあるはずだ。
「坊ちゃん」「人間失格」「銀河鉄道の夜」などの名も、
一度は耳にしたことがあるはずだ。

わたし自信、書いていきたいのは、
長く愛されるロングセラー。
「こんなこともあったよね」と語れる本だ。

名著には、「自分の心」と真っ直ぐに向き合った、
著者たちの生き様が描かれている。

わたしもそういう物語を書いていきたい。