自分で決めたことだからこそ、

決めゴトが嫌い、決めることが苦手

わたしは決めゴト、決まっているコトが大嫌いです。

そのくせ、自分で決めるコトが大の苦手です。

誰かに、あたり前のように、常識論を言われたとき、

先ず思うのは、

「そんなこと、誰が決めたの?」

「そんなの、いつ決まったの?」

納得できません。

でも、自分で決めるのは、もっと苦手。

どの方法がいいのか、

どの道がいいのか、

どれを選べばいいのか、全く自信がありません。

優柔不断だなー、と感じます。

でも、どうしても自分で決めたいことがあります。

そして、自分にしか決められないこともあります。

考えて、考えて、考え抜いて決めたこと、

ようやく決めたこと、ようやく決まったこと、

これを誰かに指摘されたり、覆されたら、

頑固さが顔を出してきます。

だって、やっと決めたのに、

考え抜いてやっと決まったのに、

そう思ってしまうからです。

でも、最近気づいたこと、

自分で決めたことだからこそ、即実行が出来るのだということ。

あたり前すぎて、見過ごしていたらしい。

人生も行動も、決めることが出来るのは自分だけ。

だから、決めるのに時間がかかっても構わない。

なかなか動き出せなくても、構わない。

だって、

「心」が決まれば、すぐ動きはじめられるのだから。