わたしのサクセスストーリー

それぞれが描く夢がある。
それぞれが描く、サクセスストーリーがある。
それは、自分だけのサクセスストーリーだ。

他の人がどんなに成功をおさめても、
他の人がどんなに栄光を見せても、
本当は、「それ自体」が欲しいわけじゃない。

サクセスストーリーを手にしたことが、
羨ましいのだ。

だから、同じように、
「求めている人」には共感できる。
だから、応援も出来る。

でも、誰かがサクセスストーリーを手にしたら、
比べずにはいられない自分がいる。

同じ道を歩いているわけではないのに。
同じモノを求めているわけではないのに。

では、わたしの描いているサクセスストーリーは、
どんなだろう?

わたしは何を求めているのだろう?
何を得れば、わたしは満足するのだろう。

多分、わたしには、成功のカタチはない。
最後の瞬間まで、夢を追い続ける生き方。

それこそが、わたしのサクセスストーリーだと思う。