雑感「ときのまにまに、執筆のまにまに」

「ときのまにまに」を出してから、

あっという間に1ヶ月が過ぎた。

2巻目も、そろそろ追い込み中。

追い込まれないと、動かない性格を反省。

でも、追い込まれたからといって、

コストパフォーマンスやクオリティが上がるものでもないし、

想いも溢れてくるものでもない。

特に今書いている第2巻目は、

前巻以上に、ストーリー性を重視して書いている。

気をつけているのは、

・自分史ならないようにすること

・陳腐化しない書き方をする。

・読み手の心に余韻(熱)を残す。

・正しい日本語を使う。

・言葉の響きを大切にする。

などがある。

もちろん、まだまだ勉強不足だ。

これからもっともっと日本語力や、

言葉力を高めていきたい。

多くの人の言葉を聴き、

多くの人の言葉を読んでいきたい。

そして多くの言葉を伝えていきたい。