都合のいい言葉

言葉の意味を、自分の都合の好い解釈に使っていないかな、

と、ときどこ、振り返ってみる。

子どものころ、「一生のお願い」は何度でも使っているし、

最近は、ダイエットの誓いを破るときは、

だいたい「自分ご褒美」を使っている。

なかなか進まない、なかなか進めないモノゴトに関しては、

「マイペース」という言葉を使ってみたり、

本当に都合よく言葉を使い分けている。

それは、

「年寄り扱いするな」と怒ったり、「もう歳だから」と言いわけしたりするのと同じだ。

もちろん、言葉は人のためにある。

誰かのひとことによって救われたり、力になったりする。

でも、自分を誤魔化したり、

何かから目を逸らしていないだろうか。

自分にとってはつ不都合な言葉、

耳が痛い言葉から逃げていないだろうか。

言葉は自分自身の姿を映し出す。

自分の言葉から目を逸らさず、

真っ直ぐに向き合おうと思う。