雑感 「ときのまにまに」2巻目を書き終えてみて。

ときのまにまに、2巻目をなんとか書き終わりました。

あとは、入稿して「祈る」のみ(って、何を?)

1冊1冊が自分との戦いです。

1巻目は、決断という戦いでした。

子どものころは、親任せ、祖母任せ、

大人になってからも、会社任せの人生を歩いてきたわたしにとって、

全て自分で考え、決断するということは、かなりの勇気が必要でした。

2巻目は、評価との戦いでした。

褒められたい、評価されたい、欲求の強いわたしは、

「失敗」することが何よりも怖いのです。

それは評価の基準を他人視線で考えていたから。

だから、2巻目は思ってた以上に進みませんでした。

評価されたい、もっともっと評価されたい、

その思いに囚われていたのです。

でも、それに気づいたとき、一気に完成へと進みました。

そして準備段階に入った3巻目、

これは、自己開示との戦いです。

今まで、想いとしての自己開示はかなりしてきました。

でも、わたし自身のリソース(資源)については、

ほとんど書いてきませんでした。

わたしの生き方や、思想に影響を与えてくれた、

もの、人、言葉などを書いていきたい思います。