終わりのない禅問答「人は業には勝てないけど」

今回書いた、「ときのまにまに」のテーマは、

人の持つ「業」。

理性では分かっているけど、

言ってしまったこと、やってしまうこと、

それらを動かす「想」に焦点を置いている。

人は完璧ではないから、「業」に負けるのは仕方ない。

でも、より好くあろうとする努力をしている人たちは大勢いる。

わたしも、その一人でありたいと思っている。

例えば、言葉遣い。

例えば、心持ち。

例えば、人付き合い。

お互い、気持ちよく過ごせればいいと思う。

もちろん、わたしも完璧ではない。

だから、イライラするし、怒りもする。

文句も雑言も出てくる。

でも、なるべくなら言いたくはない。

言っても自分の気持ちが好くなることはない。

でも、だからこそ、言葉には気をつけて、

自分も周りも気をつけないようにして、

気持ちよく過ごそうと思っている。

人は「業」には負ける。

何故なら、その中に「想」があるからだ。

でも、「想」のない「業」って何だろう。

自分の弱さを隠すために、誰かを傷付けたり、

自分のイライラを解消するために、暴言を吐いたり、

自分のモヤモヤを打ち消したくて、関係ないのに口を挟んだり。

それこそが「業」なのだろうか。

終わりのない、禅問答だ。