整理から精査へ

情熱発信では、とにかく書くことをすすめている。

書き出すことは、吐き出すこと。

どんな想いも憂いも、まずは出してみないと分からない。

外に出してみて、不要なモノと捨てられないものを分別する。

隠れていた想いが見つかる場合もある。

失くしたと思っていた想いも見つかる場合もある。

そうして、気持ちを整理していく。

あらかた片付いたら、

次は精査していく。

これは本当に必要なのかどうか。

また、新しく入れ替えたほうがいいのではないか。

変りのものを、もっといいモノを探したほうがいいのではないか。

傷はいっていないか、

汚れはついていないか、

埃にまみれていないか、

書くことは、自分の想いを整理し、そして精査していくことでもある。

わたし自身も書くことにより、

いろいろ整理できた想いもある。

手離せた想いや拘りもある。

整理から精査へ繋げるため、

これからも書き出していこうと思う。