気持ちを書き出す、気持ちを片付ける

気持ちを書き出す。

それは部屋を片付けることに似ている。

部屋を片付けるとき、

あるものを全部出す。

その中で、不要なモノ、必要なモノ、を仕分ける。
そして、まだ使えるかどうか、傷みがないか、チェックする。

これが先日のブログでも書いた「整理と精査」だ。

でも、お片付けの理由はそれだけではない。

忘れていた大切な何かを思い出させてくれる。

例えばこどもの頃の宝箱。

楽しい思い出のいっぱい詰まった絵日記。

懐かしいアルバム。

捨てるに捨てられなかったもの、

見ないようにフタをしていたもの、

そういったモノも出てくる。

目に見えるモノだけを片付けても、意味はない。

いつも思っていることだけを書いても、

本当の意味で書き出すことにはならない。

埃にまみれていても、色褪せていても、

古ぼけていても、

心の中に残っていた想いを取り出すことにより、

いろいろな気付きや、新しい想いが生まれる。

それが片付けることによる成果だと思う。