身を焦がすほど恋をしたこと、ありますか?

ときのまにまにの続巻
「紅蓮色の情熱」の発売が決まりました。

フィクションとノンフィクションが織りなすストーリーとなっています。

10年前に経験した遠距離恋愛、葛藤、出逢った人々、

そのころの追想録となっています。

この頃のことをブログで書いたときには、賛否両論ありました。

半分、呆れ顔で、

「よく書いたねー」とか、「よく書けたね!」とか、
いろいろ言われました。

でも、今の自分の原点は、間違いなくあの時代にあるわけで、
そして、わたしの中の一番熱い物語でもあるわけです。

これを語らずして、今後の執筆活動はありえない!
と思います。

誰の中にも、葛藤はあります。

認めたくない、お墓まで持っていきたい想いもあります。

でも、こうして言葉にできたとき、

自分の中でもようやく乗り越えることが出来たのかな、と思えます。

わたしの腕の中から、飛び立つ「想い」

これが、誰かに届き、自分たちの心の中に眠る、

一番熱い想い、紅蓮色の情熱を思い出していただけたら幸いです。

3月14日発売 「紅蓮色の情熱」はAmazonでご予約いただけます。