わたし自信を癒す、ダイアリーセラピー

最近、いろいろな出来事が起こる。
世界的には新型コロナウイルスが蔓延中。

個人的には、トラブル続き。
毎日、気持ちが揺れ動く。
心の中に風がふいているようだ。
しかも周期も早い。
アップダウンの繰り返し。
余計に心は落ち着かない。

これはなんなのだろうと思う。
わたしはどこへ舵を切ろうとしているのだろう。

心の中を探ろうとしても、
また、気持ちが逸れていく。

何に焦っているのだろう。
何を探しているのだろう。
何故、浮き足だっているのだろう。

こういうときこそ、
じっくり自分と向き合いたいと思う。
こういうときこそ、
自分の心を見つめたいと思う。

何を怖がっているのか、
何に不安を感じているのか、
何を期待しているのか、
何を待ち望んでいるのか、

自分で自分の言葉を探っている。

気持ちが逸れていかないように、
自分から、視線を逸らさないために、
毎日、ブログを書いている。

Facebookをお休みしてからの文章は、
前にも増して散文だ。
自分でも何を言っているのか、よくわからない。

今はそれでもいいと思っている。
書くことに意義があると思っている。
書くことで、心が落ち着けばいいと思っている。
書くことで、自分自身を癒せればいいと思っている。
きっと、読み返してみたときに、
何かが見つかるだろうと思っている。

日記とは、自分のために書くものだと思う。